出来なかったこと、経験したことがないことが出来るようになったとき。またその事を認められたとき。

今まで彼女がいない人生を送っていましたが、初めて彼女が出来た瞬間。それは幸せな時間でした。
しかし、今まで1人でいることが長かったせいか彼女と一緒に出かける・何かするというのは相手に気を使わなければならず、とても窮屈に感じていました。
そんな私の気持ちをよそに、彼女は「二人で一緒に何かやる」というのが好きな性格でした。
手軽に二人で一緒にやることと言えば料理ですが、恥ずかしながら私は料理の経験が殆どなく、彼女には「そんなことも出来ないの?」、「そんなことも知らないの?」「これはこうするんだから覚えてね」という言葉を幾度となく聞きました。インスタントだったり、卵かけご飯のような料理と言えないものばかり食べていたので、料理の仕方などよく分からず肩身が狭かったです。
彼女も私の料理経験が浅いのを考慮してくれますが、過去にやったことのある料理法や下準備は「これやっておいて」と言われてるわけですが、「こうだっけ?」と聞きながら作業します。1回聞いただけで覚えられることもあれば、覚えられないこともあり「違いまーす」と言われることもありました。
助言を受けながら、一緒に料理を作ること数回。数回も料理を作っているとある程度慣れてきます。
彼女に「これやっておいて」と言われ、「こうだっけ?」と聞いた時に、彼女の助言通りに出来ていれば「よく出来ました」と言われると嬉しかったです。
そういうことが続くと、「料理うまくなったね」と言ってもらえるようになりました。
単純なことですが、褒められたり認めてもらえるというのは嬉しいし幸せなことだなーと思います。婚活サイトのランキング